GAKUPOTA 東広島学生ポータル ガクポタ

東広島の学生たちの「学び」「遊び」「働く」を
サポートする学生ポータルサイト
        

東広島デジタル

c2020 Higashi-hiroshima Gakupota
ホーム > 【ポジティブシンキング】金欠のメリット5選!!

【ポジティブシンキング】金欠のメリット5選!!

2021年3月10日

【ポジティブシンキング】金欠のメリット5選!!

日々、生活していく中で欠かせないものはなんですか?

……そうです、お金ですね!

お金があれば、好きなものを食べられるし、好きなものを買えるし、好きな場所にも行けます。

では、そんなお金が足りなくなる状態、いわゆる「金欠状態」にあなたが陥ってしまったとしたら、あなたはきっとこう考えることでしょう。

「明日からどう生活していけば……」と。

そう、金欠状態になると誰しもが不安になると思うんです。

ですが!

金欠状態はなにも不安ばっかりではありません!
金欠状態に陥ることで、普段気づけていなかったことや、日常生活への心構えが変わることだってあるのです。

そう、金欠状態はデメリットのみならず、メリットだって存在するのです!

というわけで、今回は金欠真っ只中の筆者が考える、金欠のメリットを具体的に5つご紹介します!金欠の方も、そうでない方にもきっと役に立つ情報が詰まっているので、ぜひご覧ください!

それでは、いきます。

\金欠のメリット5選

メリット1:水道電気ガスの無駄使用に気付ける

生きているだけでお金がかかるものといえば、皆さん何を思い浮かべますか?
やはり、光熱費や水道代、ガス代といった水道光熱費でしょう。

これらの費用は、家で生活している限り必ず支払う必要があるものですよね。なので、支払いをしないというのはできません。

ですが、支払う額を減らすことはできます。そのためにも、普段気づいていなかった”無駄”を排除していく必要があります。

例えば、使っていない部屋の電気が付けっぱなし、歯磨きの時に水を流しっぱなし、髪を洗っているときにシャワーを流しっぱなしなどの「ぱなし系無駄」や、エアコンの温度が必要以上に高い、皿洗いのときに必要以上に水を出し過ぎなどの「使い過ぎ系無駄」があります。

金欠状態になると、少しでも水道光熱費を節約しようとするために、これらの”無駄”に敏感に気付けるようになります。

しかも、これらの無駄に気づき、その無駄をこれからも無くすことができれば、金欠を脱した後の生活においても毎月の水道光熱費を節約することができるので、長期的に見ても得です。

したがって、金欠状態は水道光熱費の節約に繋がりやすいということです。

メリット2:食生活を見直せる

生活費の大半の割合を占めているのはやはり「食費」でしょう。

お金があると、ついつい良いものを食べたくなってしまったり、ジャンキーなものを食べてしまいがちです。

ですが、お金がないときは朝昼晩の3食を食べるので精一杯です。
お菓子やジュースなどの嗜好品に手を出すお金がないのです。

故に、普段ジャンキーなお菓子やジュースを食べ飲みしていた人にとっては、ジャンクフードを制限せざるを得ない環境に収容されたも同じなのです。

したがって、金欠になることで、今までジャンクフードに費やしていた費用を減らせるだけでなく、生活習慣病の予防にも繋がるのです。

ただ、金欠状態のときに気をつけなけらばならないのは、日々の食事としてカップラーメンに手をだしてしまうことです。

あれは、確かに非常に美味しいのですが、色々と栄養素に問題があります。なので、金欠状態のときこそ自炊をオススメします。

100円のカップラーメンを1食1つずつ食べれば1日で300円の支出ですが、300円もあればもやしや玉ねぎなどの野菜を買って炒めて食べることができます。

1000円用意できればお米も買えるので、それを炊いて野菜と一緒に食べれば腹持ちもよく、カップラーメンよりは栄養のある食事をすることができます。

金欠のときこそ、栄養価のある食事を心がけましょう

……もちろん、金欠でなくてもジャンクフードはほどほどに。

\自炊生活をお助け!簡単レシピを紹介/

メリット3:普段の生活における無駄支出に気付ける

これは、上記で述べた水道光熱費や食費以外の支出についてです。

例えば、普段の移動手段はどのようにしていますか?

もし、近くの目的地に行くのにバスやタクシーなどの公共交通機関や自身の車を使っているのなら、可能な距離までは自転車や徒歩で行くように切り替えれば、それだけで交通費やガソリン代を節約できます。

また、普段から衝動買いをしてしまっているという人は、思わず買いたくなる衝動をグッと堪え、本当に必要なものだけを購入することで、今だけでなく今後の衝動買いの予防もできます。

もしかしたら、特に利用していないサービスのサブスクリプションにお金を支払い続けているかもしれません。

このように、生活の中には意外と無駄支出があります。そして、金欠状態になるとこれらの無駄支出にも気づくことができます。

無駄支出の存在に気付き、その無駄を無くすことができれば、当然支出も削減できるわけですよね。

まとめると、金欠状態になれば、「今自分が支払っているそのお金は本当に支払う必要があるのか」ということに敏感になれるということです。

メリット4:お金をかけなくてもできることに気付ける

世の中には、お金をかければより高い効果を得られるものの、お金がなくても十分にできることは沢山あります。

例えば、トレーニング。
もし、本気で体を鍛え上げたい人やダイエットしたい人ならば、ジムを使う人も多いでしょう。

ですが、トレーニングは必ずしもジムで行わなければならないわけではありません。

家で自重トレーニングをしたり、公園でマラソンをしたりと、お金をかけなくてもできるトレーニングは沢山あります。

他にも、読書なら図書館に行けば無料で良質な本を読めますし、カラオケの代わりにどこか広い場所(河原とか公園とか)で歌ってみるのも気晴らしになるかもしれません。

このように、お金をかけなくても色々なことが可能です。

金欠だからこそ、今一度お金をかけずに実践できることについて調べてみてはいかがでしょうか。

メリット5:お金の稼ぎ方に敏感になる

金欠を脱する方法。それは、とにかくお金を手に入れるということです。

今の世の中、お金を手に入れるには様々な方法が存在します。

代表的なのがアルバイト。これはもはや学生にとって一般的な稼ぎ方ですよね。また、社会人なら就職して給料をもらいます。

ただ、それ以外にも稼ぎ方はあります。ブログにおける広告収入や、フリーランスとして営業して受け取った報酬、家の不用品を売却できるフリマアプリや、株などの投資、いっそのことクラウドファンディングなどなど、他にも様々な稼ぎ方が今の時代存在します。

それに、緊急を要する場合は国の生活保護や大学からの給付金など、政策に頼ることだってできます。

金欠になるとまさに背水の陣なので、どうしてもお金の稼ぎ方に敏感になり、それについてより深く調べたくなるものです。

そのおかげで、今まで知らなかったバイトの存在を知れたり、新しい稼ぎ方を始めてそのまま成功したりするかもしれません。

なので、金欠はお金稼ぎにおける一種のターニングポイントなのです。

お金の稼ぎ方をより多く知っておくことは、人生においていつか役に立ちます。なので、金欠の人はもちろん、そうでない人でもお金に関して色々と調べておくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、金欠のメリットをご紹介しました。

金欠は非常に辛いことですが、見方を変えれば金欠状態を今後に活かせるということに気づいていだたけたでしょうか。

もちろん、金欠でないに越したことはありませんが、金欠になってしまっても諦めず、生活を工夫しながら金欠を脱する方法を模索してください。

そうすれば、いつか金欠以前よりも豊かな暮らしができるかもしれません。

今回の記事はここまで。それではまた。

\オススメ記事/

> 続きを読む

東広島デジタル

c2020 Higashi-hiroshima Gakupota