GAKUPOTA 東広島学生ポータル ガクポタ

東広島の学生たちの「学び」「遊び」「働く」を
サポートする学生ポータルサイト
        

東広島デジタル

c2020 Higashi-hiroshima Gakupota
HAVE FUN

【大学生】物件選びで抑えておくべき外的条件とは!?

2021.02.15

大学生になり一人暮らしを始める方にとって、物件選びは欠かせません。

これからの大学生活を決める物件なので、間取りだったり、家賃だったりと、ついつい物件の内部に注目してしまいがちです。

ですが、物件選びにおいて大事なことは、何も物件の内部に限った話ではありません。

そこで!
これから一人暮らしを始める方や、進学で引っ越しをしようと考えている方に向けて、物件選びにおいて注目するべき「物件の外部事情」についてこれからご紹介していきます!

「言われんでも分かっとるわ!」といった当たり前のことから、案外見落とされがちなことまで、様々な外部事情についてご紹介していきますので、どうかご覧ください!

それではいきます!

【注目すべき物件の外部事情】

ポイント1:大学からの距離

大学生になり一人暮らしをする。では、なぜ大学生は一人暮らしをするのか。

答えは単純です。大学生になったからです。

大学生になったということは、当たり前ですが大学に通う必要がありますよね。
(最近はオンライン講義も増えてきましたが…)

となると、物件から大学までの距離は、大学生活に大きく影響します。

家から徒歩1分のところに大学があるのと、自転車で20分のところに大学があるのとでは、やはり前者の方が色々と楽です。

なら、大学から近い物件だけに焦点を絞ればいいじゃないか!

いいえ。そうとも限りません。

例えば、広島大学周辺のように、一人暮らしの大学生をターゲットに物件展開している町では、大学からの距離が近くなるほど、どうしても家賃が高くなります。

また、大学から近いということはその分人気も高くなり、早めに部屋が埋まることも予想されます。

なので、あえて大学から少し距離をとった物件を選ぶという方もいます。

以上の話をまとめると、以下のようになります。

比例する 家賃と人気 移動距離

あなたが重視するのが大学からの距離なのか、家賃なのか、はたまた人気物件かどうかなのか。まずはそれらを把握してみてはいかがでしょうか。

ポイント2:周りにあるお店

一人暮らしを始めるとなると、食材やら日用品やらを買うためにスーパーやコンビニ、ホームセンターなどのお店に行くようになります。

それ以外にも、ちょっと娯楽を楽しみたい方はゲームセンターに、筋トレして自分磨きしたい人はスポーツジムに、本が好きな方は書店に行くことも考えられます。

つまり、物件から周りのお店までの距離と、周りにどんな種類のお店があるかは大学生活に大きく影響します。

では、どんなお店が家の周りにあったら便利なのか。

答えとしては、少なくともスーパーやコンビニといった食材を買えるお店は家から半径500m以内にあった方がいいでしょう。在学中、それらのお店を数えられないくらい使用することになりますからね。

次に優先すべきお店は日用品を買えるお店ですかね。なので、食品も日用品も買える総合スーパーが近くにある物件はおすすめです。(その分人気も高く、すぐに埋まってしまいますが)

要は、日常生活でよく利用するお店は、家の近くに押さえておきたいということです。

娯楽施設の優先順位はご自身にお任せします笑

ポイント3:周りの自然環境

都会ならともかく、田舎の物件となると家周りに自然があります。

それはもう豊かな豊かな自然があります。

ですが、この「自然」というのも、人によっては注目すべきポイントとなります。

周りが自然に囲まれている家の特徴として思いつくのは、やはり「虫問題」ですよね。クモだったり、蚊だったり、Gだったり……。

家周辺が自然で囲まれているような家は、虫が家の中に発生する可能性が増えます。なので、虫嫌いの方にはちょっとキツイかもしれません。

でも、家の周りが自然で囲まれているというのはデメリットばかりではありません。

まず、落ち着きます。笑
人によるかもしれませんが、都会のコンクリートジャングルよりかは自然の方が落ち着きます。

そして、季節を感じられる。

春だったら桜や梅の花、夏はセミの音やカブトムシ、秋は鈴虫やコオロギの音色、冬は雪景色。

都会という俗世を離れ、自然でのゆったりした生活もいいかもしれませんね。

ポイント4:治安

物件を選んでいる最中、あなたにとって素敵な物件が見つかりました。
あなたはその物件に決めて、一人暮らしを始めることにしました。
一人暮らしを始めて1年後、空き巣被害にあいました。

 

こんなことがあったら嫌ですよね?

この話は流石に盛っていますが、それでも家の近くで犯罪が発生したというニュースはちらほら耳にすることになるでしょう。

上で述べたような空き巣被害も人づてに聞いたことがあります。

なので、自分が住もうとしている地域の治安は気にしておいた方がいいです。

そのためにも、居住予定地域の犯罪情報を調べるなどして、ご自身で情報を集めてみてはいかがでしょうか。

また、マンションのセキュリティを気にして物件を選ぶのもいいかもしれません。例えば、オートロック、モニター付きインターホン、女性専用マンションなどです。

治安と大学生活。不安を少しでも減らせるような物件選びをしてください。

ポイント5:駅からの距離

一人暮らしで電車を頻繁に利用する予定がある方は、駅からの距離も考慮した物件選びをしたほうがよいでしょう。

やはり、電車を頻繁に利用される方にとっては、家が駅に近いほうが移動時間も短縮できて便利ですからね。

ただ、広島大学に限っては、大学と最寄り駅までの距離が非常に離れているので、駅と大学のどちらを取るかはかなり重要なポイントになってくると思います。

参考程度に、広島大学から西条駅まで自転車で約25分、バスで約10分です。個人差もありますが、概ねこの時間と考えてよいでしょう。

この時間を参考に、駅の利用頻度と駅までの移動時間と広島大学までの移動時間の3つを比較して、最も自分に合った立地を選びましょう。

 

以上が、物件選びに欠かせない外部的な注目ポイントでした!

上記で述べたこと以外にも、物件を選ぶ際にどのような点を重視するのかどこまでなら妥協できるかなど、自分が満足できる基準を設けるのもオススメです!

これからの数年をそこで過ごすことになる物件ですから、少しでも自分が満足いくような物件を選べるように頑張ってください!

それでは!

\オススメ記事/

投稿者名: まっちゃ

SHARE

PAGE TOP

東広島デジタル

c2020 Higashi-hiroshima Gakupota