GAKUPOTA 東広島学生ポータル ガクポタ

東広島の学生たちの「学び」「遊び」「働く」を
サポートする学生ポータルサイト
        

東広島デジタル

c2020 Higashi-hiroshima Gakupota
CAMPUS
卒業

文系大学生が語る!大学生のうちにやっておいてよかった10のこと

2021.03.29

みなさん大学生活は楽しんでいますか?

大学生は最初で最後の自由に自分のやりたいことをできる時間だと思っています。

今回は、今年卒業した文系女子大学生が語る「大学生のうちにやっておいてよかった10のこと」をご紹介します!

海外留学

飛行機2

大人になってからも、私費留学やワーキングホリデーなどで長期で海外に行っている方はたくさんいますが、大学生の特権を使って海外留学に行く方が断然お得です。

大学プログラム内にある留学は、単位互換ができたり、奨学金申請ができます。

私は学生時代に長期の海外インターンの経験がありますが、学生だからこそ、現地の若者と友達になって遊べたり、駐在員などの大人の方々にかわいがってもらえたりと、より幅広い人との出会いがあって、とても学びにつながりました。

海外で働く経験も、駐在員として海外に行くことはありますが、就職してからもなかなかできる経験ではありません。

また、短期の海外留学プログラムに参加したり、バックパッカーをしてみたり、大学生の間に海外に少しでも触れて国際感覚を身に付けておくことは、就職しても役に立つはずです。

勉強

勉強

「働き始めると勉強する時間が取れない」「学生時代にもう少し勉強しておけばよかった」ということは、よく聞く話かと思います。

勉強に一番時間をさけるのは、学生の間までです!

サボることも大学生しかできないのでやってみてほしいのですが、大学の授業ってよくよく考えてみると、とても貴重なものです。

自分が興味がある分野を専門的に研究している人から教えてもらえることなんて、なかなかできるものではありません。

ぜひ、単位不要で興味がある授業を受けてみたり、セミナーに行って見たりしてみてください!

また、言語の勉強や資格の取得など興味があるものだけでも教養をつけておくと、就活や就職をしてから役に立ちます。

遊び

友達

就職してからももちろん遊べますが、仕事がシフト制だったり結婚したりでなかなか友達と遊ぶということは難しくなってきます

友達とある意味でばかをして遊べるのは、大学生限定です。

特に、オールで飲み会やカラオケをしたり、平日に遠出したり、夜中に思い付きでどこかへ行ってみたり

フットワーク軽くいつ何時も遊べるのは大学生ならではですね。

カラオケオールをして、次の日1コマからみんなで出たことがあります。授業中も眠すぎるし、1日終わるころにはぐったりでしたが、行った友達の間でなぜかどの日よりも一番盛り上がったのを覚えています。

趣味をつくる

ギター

みなさん、趣味はありますか?

社会人になってから、新たに趣味を見つけようとしても時間も環境も見つけにくいです。

大学にはいろんな人や環境があり、さらに時間があるからこそ、サークルに入って何かを身につけたり、好きなことに熱中することはとっても貴重です。

特に好きなこともないという人は、適当にいろんなことに触れてみると、人脈が広がったり、コミュニケーションの役に立ちます。

私は、激辛を食べることが趣味で毎日一食以上も食べていたこともありました。これが、意外と周りからのウケがよくて、激辛仲間ができたり、大人の方や飲食店さんともそれがきっかけで仲良くなったこともあります。

自分が得意と言えることをつくっておくのもいいかもしれません。

旅行

旅行

学生は時間はあるが、お金はない!

もちろん就職してからの方がお金も持っているため、大学生の時よりも高いホテルや遠くに気軽に行くことができます。

しかし、ゆっくり時間を気にせずノープランで旅行したり、時間もお金もないときは友達と笑いながら走って目的地に向かったりというのは学生での旅行しかなかなかできないことですね。

結局それが楽しくて、学生時代の一生の思い出になるはずですよ。

ちなみに、私の学生時代の旅行の思い出は、30分以上歩いて宿泊先から近くの居酒屋に行ったのに年確されて、証明書を持っていなくて追い返されたことです(笑)

自動車免許の取得

運転

大学生の間に、就職してから遠出をする際に免許を持っていると便利です。

また、就職をすると会社によっては、車での営業に行く必要があります。

自動車免許を取得するのには、最低2週間かかり、免許センターでの試験も平日しかできないことがほとんどです。

私は、2年生の終わりに免許を取得したので、残りの2年間は車を買って東広島内外のいろんなところに行けたり、夜にドライブをしたりできて、とても楽しかったです!!

車を持っていなかったとしても、運転できるだけで遊びの幅が広がります

特に男性は、免許を持っているかいないかでもモテ度が変わるので、ぜひ大学生のうちに免許を取得しておきましょう。

恋愛

恋愛

「就職してからでも出会いはいくらでもあるし、大学生の間にわざわざ必死になって恋愛しなくていいでしょ」と思っていました。

しかし、就職してからの恋愛は結婚を視野に入れたものになるので、大学生の恋愛ほど心に余裕を持ってできることはありません。

たくさんデートをして、合コンに行ってみたり、たぶらかしてみたり、半同棲をしたり、たくさん付き合って別れたりの経験をしておけばよかったと、恋愛をしないときっと後悔するんじゃないでしょうか。

私は後悔しています(笑)

「出会いがない!」とか言っている場合ではありません!

極力外に出て、積極的に出会いの場に行きましょう!!

アルバイト

アルバイトイメージ

社会に出るまでに一度でも働くという経験をしておくことをおすすめします。

顧客対応バイト先の上司との付き合い社会マナーなど、アルバイトでも学べることはたくさんあります。

また、アルバイトをすると失敗をたくさんします。だからこそ、自分自身がお店に行ってお客さんの立場になったときに店員さんに優しくもなれます。

私の学生時代はバイト漬けの日々でしたが、バイト先でもたくさんの出会いがあって、同僚はもちろん、お客さんともとても仲良くしてもらって、とても充実していました。

とにかくいろんなことに参加する

セミナー

9番目に来て、私のとっておきのおすすめなことが、「とにかくいろんなイベントでもセミナーでも少しでも興味があると思ったことには積極的に参加しまくる」ことです。

いろんな人に出会って、多様な考えや自分の知らない世界を知ることで視野が広がり、私にとって一番自分自身を見つめなおすことができる機会になりました

また、「学生」というカードを使って、いろんな業界のOBOGの先輩やそうでなくても、「お話を聞きたいです!!」ということを言うと意外と時間をくれたりするものです。

就活で不合格だった企業さんにOBOGもいないのにお時間を頂いたり、興味がある業界のOBの先輩とOB訪問きっかけで仲良くなったりもしました。

学生時代に多くの人と出会ってたくさんのことを吸収してみてください!

家族と過ごす

家族

社会人になったら、実家に帰ることなんて盆正月ぐらいでしょう。

大学生で下宿をしている人もいると思いますが、社会人になるともっと家族と会う時間は少なくなります。

たまには、長期休みにでも帰省をしてゆっくり家族との時間を楽しんでくださいね。

まとめ

大学生は、ほとんどの人が人生で一度きりしかありません。

大学4年間なんてあっという間です!

二度と戻ってこない学生生活を、後悔しないように思いっきり楽しんでくださいね!!🌸

おしまい。

<<オススメ記事>>

投稿者名: ありす

SHARE

PAGE TOP

東広島デジタル

c2020 Higashi-hiroshima Gakupota